コーヒーの包装と炭酸ガスについて

アロマブレスパック

酸素と水分がコーヒーの品質を変化させる

コーヒーは生豆の状態であれば一年間以上の長期間することが出来ます。
しかし、焙煎した後は酸素や水分の影響を受けやすくなり、いかに酸素や水分に触れない状態を維持するのかということがコーヒーの品質を維持するうえで重要になります。

では空気や水分を遮断することの出来る袋に入れて保存すれば大丈夫なのでは? と思われそうですが、単純に真空にした袋に詰めるだけでは、コーヒーを保存する上では不十分です。
その理由は「炭酸ガスです

コーヒーを焙煎すると炭酸ガスが発生

コーヒー豆は焙煎直後から炭酸ガスを大量に放出します。
コーヒー豆100gから500㎤の炭酸ガスが放出すると言われており、ガス抜きの対策を行わないと包材が膨れ上がり破損する原因となります。

コーヒー袋と言えば真空パックが有名でしょうか。
真空パックはきっちりと中の空気を真空状態にする包装方法です。
四角い形になり棚にも陳列しやすいため、量販店などでも見られる包装形態です。
しかし事前にガス抜きをしっかりとしておかないと、ガスの放出によって真空パック後も袋が膨らんでいくようになります。
そのため真空パックをする際には事前に2~3日”エージング ”と呼ばれるガス抜き工程を行った上で包装するようにします。
ただし炭酸ガスの中にはコーヒーの香気成分も含まれており、ガス抜きをすることで香りが少なからず失われる点には注意が必要です。

袋の内圧が上昇した場合に中の炭酸ガスを袋の外に放出する特殊弁の包装も多く使われています。
中の炭酸ガスのみを放出し、外気は中に取り込まない構造になっています。

この包材もメリットは真空パックとは異なりデガス(ガス抜き)を行うことなく袋詰めを行うことが出来ますので鮮度が高い状態を維持できる点です。当店が利用しているアロマブレスバッグもこのタイプです。

コーヒーを美味しく味わうにはお早めに

ただし長期的な目で見ると、炭酸ガス放出の際に香気成分もやはり放出されていきます。

開封後は特に空気に触れ変化が進みますので、コーヒー本来の味を楽しむためには出来るだけ早く飲むようにすることが大切です。