眠たい午後の仕事におすすめな「コーヒーナップ」

お昼ご飯を食べた後、どうしても眠たくなるという人は少なくないと思います。
特に事務系の仕事をしていると、昼食後はパソコン入力中についうとうととなってしまう睡魔との戦いになる方も少なくないのではないでしょうか。

そのような時にはコーヒーと昼寝を組み合わせることで、仕事の生産性を高めるということができるらしいですよ。

「コーヒーナップ」などと呼ばれており、昼食後に仮眠を取ることでリフレッシュし午後からも集中して仕事が出来るのだそうです。

コーヒーを飲むタイミング

まず具体的には昼食にコーヒーを飲みます。

コーヒーを飲んでから30分でカフェイン覚醒作用が現れるために、昼食前にコーヒーを飲むことで昼食後に仮眠を取った後(目覚めの時間)に覚醒効果を発揮することができるということらしいです。
食事前にコーヒーを飲むというところがポイントですね。

カフェインが効き始める時間を考慮してもことなのでしょう。
ちなみに睡眠時間は20~30分程が適切で、それ以上仮眠を取っても反対によくありません。
ちょうど目覚めるタイミングとカフェインが効き始める時間帯を合わせることが大切みたいですね。

【カフェイン関連ブログ】

カフェインが最も多く含まれているコーヒーについて
カフェインが最も多く含まれているコーヒーについて
コーヒーの代表的な成分といえばカフェインが有名ですね。 カフェインには覚醒効果や集中力を増進させる効果があ...

普段午後からの仕事を眠いと感じられていない方も、仮眠を取ることで集中力や記憶力が向上した状態で午後からの仕事に挑めるかもしれませんよ。
ぜひ一度お試しあれ。