Slider

ハンドドリップで お湯の注ぎ方 にこだわって美味しく飲もう

ハンドドリップでのお湯の注ぎ方

家庭で使われることの多いハンドドリップは美味しく入れようとすると意外と難しい抽出方法なのです。
特にお湯を注ぐ工程を人が行う以上は毎回同じ味を再現することは難しいのですが、せっかく手間をかけてコーヒーを入れるわけですから出来るだけ美味しくコーヒーを飲みたいですよね。

使用する豆の鮮度が大切なのは当然ですね。
出来れば抽出前に必要分だけを粉に粉砕して使うようにしましょう。

注湯に使うポッドについて

ハンドドリップでお湯を注ぐ際にはお湯を注ぐときに使う道具も大切です。
「お湯が注げれば何でもいい」などと考えてはいけません。
確かにヤカンを使ってお湯を注ぐことも出来ますが、実際に試してみればわかりますが、お湯の勢いが強く、ゆっくりと注ぐ作業が実にやりづらいのです。

細口のポッドを使って、お湯の量をゆっくりと注ぐことが出来るようにすることがコーヒーを飲む上で重要なポイントの一つなのです。

蒸らしはしっかりと、時間をかけます

ハンドドリップでは「蒸らし」とその後の「お湯の注ぎ方」が味を決める上で非常に大切なのです。

蒸らしを行う際にはゆっくりと、全体的に染みこませるようにしてお湯を注いでいきます。
コーヒーの粉の粒一つ一つにお湯を浸透させて美味しい成分を抽出しやすくするためです。
目安としてはお湯を注ぎ終わってから数滴お湯が落ちる程度の注ぎ方が好ましく、注ぎ終えてから30秒ゆっくりと待ちお湯が全体に行き渡るのを待ちます。

ここでも当然お湯の勢いが強いと一気に抽出されてしまい、抽出が不十分になってしまいます。

注ぎ方で味の変化を楽しんでみよう

以前にハンドドリップの世界チャンピオンの記事で4:6メソッドの事について書いたことがあります。
しかしそれが答えというわけではなく、他にも色々な抽出方法が存在しています。

基本的には何回かに分けてお湯を注いでいくのですが、人によっては一点に均等な量のお湯を注ぎ続ける場合もあれば、落ちきった段階でお湯を足していく人もいます。

私自身はコーヒーの粉の高さをある一定の部分にキープしていき、その範囲内でお湯を注ぐことが多いです。
必要分のコーヒーが抽出できた段階でサーバーを取り外すようにします。
ハンドドリップで大切なのは、コーヒーの成分を全て出すのではなく、「美味しい部分」だけをいかに抽出するのかというのも大切なのです。
抽出の後半になれば渋味など嫌な味が出やすくなりますので、注意が必要です。

ハンドドリップの方法は一つではありませんので、色々と試してみて「自分にとって一番美味しい抽出方法」をぜひ見つけていただきたいです。