Slider

インスタントコーヒーの作り方(製造方法)

インスタントコーヒーの生産方法

写真はイメージです
インスタントコーヒーの作り方といっても、粉にお湯を注ぐという内容ではありません。
実際にレギュラーコーヒーがどのようにしてインスタントコーヒーの状態になるかというものです。

スプレードライとフリーズドライという2種類のインスタントコーヒーがあることは先日書きました
どちらの生産方法の場合もレギュラーコーヒーからコーヒーを抽出する工程までは同じです。

抽出後どのようにして水分を抜き、インスタントコーヒーの状態にするかによって変わるわけです。

スプレードライの場合

名前の通り、抽出液をスプレー状に噴射したものを熱風によって一気に水分を取り除いていきます。
インスタントコーヒーの中でも粒度の細かいタイプのものは、このスプレードライで生産されたものと考えることが出来ます。
冷たい液体にも溶けやすいので、アイス関係のメニューを作る場合には、スプレードライの方が向いています。

フリーズドライの場合

フリーズドライの場合、抽出液を低圧・低温にした状態ものから昇華作用を利用して水分を取り除いた固形分がフリーズドライになります。
(昇華とは、固体が液化を経ずに気化する現象のことです)

粒度の大きいインスタントコーヒーはこのフリーズドライです。
フリーズドライで作られたコーヒーの方が熱での影響を受けにくく、風味の面で優れていると言われています。

インスタントコーヒーで使用する抽出液

一番最初に抽出液をつくり、それを加工してインスタントコーヒーにしていくわけです。
水分を抜き残った固形分がインスタントコーヒーになります。

しかし通常の抽出方法で作ったものを乾燥させても固形分は非常に少なく、収率が非常に悪いのです。
そのためインスタントコーヒーに使用するコーヒーの抽出液は、特殊な設備を使用して高濃度の液体にしたものを乾燥させていきます。

かなり大型の設備と土地が必要になりますので、日本でインスタントコーヒーを生産できる会社は非常に少なく、多くの場合は海外で加工されたインスタントコーヒーを輸入しているようですね。