コーヒーと血圧の関係| ゆう珈琲

コーヒーと血圧の関係

コーヒーと血圧
高齢社会となった為なのか、巷には色々な健康情報・病気情報が溢れかえっています。
このブログを読んでくださっている人の中にも、血圧の関係でお悩みの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

個人差がある上に年齢によっても変わりますのであまり気にしすぎるのも良くないと思いますが、やはり血圧が高すぎると心配ですよね。
心配になると色々な情報を調べるようになります。
そんな中で、「コーヒーを飲むと血圧が上昇する」という話を聞いたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか?

「コーヒーを飲むと血圧が上がる」はもう古い?

”カフェインを摂取することで血圧が高くなる”= ”コーヒーは血圧を上げるから良くない”という話をよく耳にします。


しかし、現在アメリカで研究されている最新の結果では、「カフェインと血圧上昇に関連性は無く、反対に予防に繋がるのではないか」という見解が出ています。

カフェインには集中力向上リラックス効果、また肝臓病の予防に繋がるなど様々な研究が行われています。


予防については研究中の段階なのでカフェインを摂取すれば薬のような作用になると断言できるというものではありませんが、基本的にはコーヒーは体にプラスに働くことが多いのです。

一時的な血圧上昇

コーヒーを飲むと血圧が上昇すると考えられている原因の一つがおそらく一時的な血圧の変化なのではないかと思います。


コーヒーを摂取すると交感神経が刺激されることで血圧が上昇し、軽く運動をした場合と同じぐらいか、少し低いぐらいの血圧になるそうです。


しかもこの結果は日頃コーヒーを飲まない方の場合であり、毎日コーヒーを飲んでいる方の場合ではほとんど血圧上昇が見られませんでした。

またコーヒーを飲んだあとの血圧上昇は継続的なものではなく数時間すると元の数値に戻ります。あくまで一時的な上昇ということです。

ただし体質的にカフェインを苦手とされる方や、妊婦の方にはカフェイン摂取は推奨できませんので、もしコーヒーを飲みたいのであればカフェインレスコーヒーをおすすめします。

何十杯も飲むような無茶な飲み方はもちろん体によくありませんが、極端な飲み方をしなければ、コーヒーによる血圧の心配をする必要は無いと言えるでしょう。


ゆう珈琲のコーヒー紹介

カフェインレスコーヒー(コロンビア)

カフェインレスコーヒー コロンビア
商品名
カフェインレスコーヒー コロンビア
販売価格

745円(税抜価格 690円)

内容量
100g

コーヒー豆について:

数量をお選びください: