缶コーヒーの「缶」の材質は?| ゆう珈琲

缶コーヒーの「缶」の材質は?

缶コーヒーの缶の材質は?

またまた缶コーヒーシリーズです。
缶コーヒーですが、実は最近まで材質が指定されていたことはご存じでしょうか?
缶コーヒーに使用する缶の材質はスチール以外使われることはありませんでした。
例えば炭酸ジュースなどを飲んだ後に缶を手で握ると割と簡単に潰すことが出来ますよね。
これはアルミ缶です。

一方で缶コーヒーの空き缶を手で潰すことは容易ではありません。
これは材料にスチールが使われているためです。

缶コーヒーは業界から材質はスチールを使うように決められていたためにアルミ缶は無かったわけですが、そもそもなぜアルミの缶コーヒーは長年使われていなかったのでしょうか?

アルミ缶は強度が弱い

一つの理由はアルミ缶の強度の問題があります。
アルミ缶は炭酸飲料で使われることが多いですが、これは炭酸の影響で缶の中から圧力が加わるために外からの衝撃で缶が潰れにくくなるためです。
これが内圧の発生しない飲料を入れていると外からの衝撃で破損する可能性が高くなります。
内圧を高めるために窒素ガスを注入するという方法もあるようですが、乳製品由来のボツリヌス菌を発見しにくくなるという理由から避けられてきたのです。

スチール缶が使われてきた理由

それではスチール缶であればボツリヌス菌が発生しないのかというと、そういうわけではなく生産後のチェックを行いやすいということが理由のようです。

アルミ缶のコーヒーが使われ始めた背景について

アルミ缶が缶コーヒーに使われ始めた理由は缶素材と抽出工場の技術向上が関係しています。
まずアルミ缶でもある程度の強度を保つことが出来るようになったことから破損の恐れは少なくなりました。

また缶コーヒーの抽出・生産工場についても品質管理が一定の水準を超えているのであれば菌が混入する恐れも考えにくいということから缶素材に対する基準が見直しされました。

今後は全体的にアルミ缶への切り替えが進んでいくものと思います。

余談/缶以外の保存容器について

自動販売機を中心に液体のコーヒーは缶素材が主流ですが、当然他の素材の商品も存在しています。
コンビニなどで見かけるチルドカップのカップ入りコーヒーや中には瓶入りのアイスコーヒーも売られています。

缶とはまた異なる風味がありますので、一度比較しながら飲んでみるのもいいかもしれませんね。