炭焼珈琲は美味しいの? 焙煎方法と味わいの関係| ゆう珈琲

炭焼珈琲は美味しいの? 焙煎方法と味わいの関係

炭焼珈琲と美味しさについて

コーヒーの生産地や農園などの情報はよく目にしますが、コーヒーの焙煎方法を日常でコーヒーを購入する際に耳にすることはあまり無いと思います。
しかし炭焼珈琲の名称であれば聞いたことがある人が多いのではないですかね。
炭焼き珈琲は直火式の焙煎方法の一つで、名前の通り熱源に炭を使用した焙煎技術です。

コーヒーの焙煎方法は大きく分類すると3種類に分かれることは以前に書いたことがあります。
熱風の力でコーヒーを焙煎する「熱風式焙煎機」と熱源から生豆の直接熱が伝わる「直火式焙煎機」、そしてその中間的な構造の「半熱風式焙煎機」の3種類です。

【関連記事】
コーヒー豆の焙煎機の種類

炭焼き珈琲(炭火焙煎)の特徴

炭焼き珈琲(炭火焙煎などとも言います)では炭を熱源に使うことから、ガスや電気で焙煎する場合火力調整が何より難しいのです。
炭火で焙煎していることから炭独特のスモーキーな風味を持ったコーヒーになると考えられています。
また遠赤外線の効果が生じる点が他の焙煎機との大きな違いと言えるでしょう。

コーヒーの表面だけが焙煎されている状態(いわゆる生焼き)の状態では渋味などの嫌な味わいが出やすくなります。
コーヒーの美味しさを引き出すためには全体的に均等に焙煎することが求められますので、遠赤外線の効果で芯まで焙煎することで雑味の少ない上質なコーヒーになると考えることが出来ます。

ネックになるのが火力の調整で、いかに遠赤外線の効果が期待出来るといっても火力が適切で無ければ結果的に美味しいコーヒーにはなりません。
適切な火力調整の技術が求められる焙煎方法と言えます。

熱源となる炭について

炭火焙煎では当然「炭」が必要不可欠なのですが、炭にも比較的安いものから高級な炭まで様々なものが存在しています。
例えば備長炭などは長持ちする炭と、長持ちしない一方で強い火を起こしやすい炭を組み合わせて使うなどの工夫も大切なのです。

火力調整が必要な点など、炭火焙煎で焙煎するためには経験を積むことが欠かせません。

一番美味しい焙煎方法は?

どの焙煎方法が一番美味しいのかは非常に難しい問題です。
例えば熱風式焙煎機も業務用でよく使われているような大型の焙煎機と、比較的小型の熱風式焙煎機では煎り上がりの状態が大きく異なるのです。

今回書きました炭火焙煎も適切な方法で焙煎すれば美味しいコーヒーを作ることが出来ますが、火力を誤れば単に焦げてしまっただけのコーヒー豆になります。

どの焙煎機を使うのかももちろん大切なのですが、それ以上に焙煎技術と原料の選定がなによりも大切なのかもしれません。

原料に合わせた焙煎方法や配合を考え「美味しいコーヒー」を作り出すことは私達コーヒー焙煎に携わる者の永遠のチャレンジであると思います。

ゆう珈琲メニュー

  カートを見る ご注文履歴