コーヒー豆の栽培品種| ゆう珈琲

コーヒー豆の栽培品種

コーヒー豆にも色々な種類がある

コーヒー豆
コーヒー豆というのは実は栽培品種が幾つかあります。
ブレンドコーヒーを粉にする前によく見てみるとわかるのですが、丸っこい豆や細長い豆など幾つかタイプがあることがわかると思います。

コーヒー豆は生産国毎に味わいが異なっており、これがコーヒーを飲む上での楽しみの一つなのですが、栽培品種によっても味は大きく変わります。

アラビカ種とカネフォラ種

大きな分類としてはアラビカ種カネフォラ種という2つの種類です。
アラビカ種がコーヒー全生産量の65%、残り35%がカネフォラ種と言われています。

ところで、カネフォラよりロブスタの方がご存知の方が多いかもしれません。
ロブスタというのはカネフォラ種の中の種類の一つです。他にはブラジルで栽培されているコニロンもカネフォラ種の一つです。
ちなみにロブスタは「強い」という意味です。エビに非ず。
病害虫に強く収量が多いのがカネフォラ種の特徴です。

アラビカ種はさらにティピカ、ムンドノード、カトゥーラ、ゲイシャなどに細分化することが出来るのですが、マニアックになるので割愛します。

またアラビカとカネフォラを薬品や突然変異種などを利用して交配させたハイブリッド種というのも存在していますが、よりマニアックなのでこちらも割愛します。
普段コーヒーを楽しむ上ではそこまで意識することはないでしょう。

アラビカ種は上品な酸味とすっきりとした味わいで、ブレンドのみならず単品でも美味しいコーヒーです。ただし病害虫にやや弱い傾向にあり、対策が欠かせません。

カネフォラ種は力強い苦味のあるボディ感と香りが特徴的です。
単品だと少し飲みにくいですが、深煎りのコーヒーやエスプレッソ、アイスコーヒーなどにはよく合います。

要は使い方で、カネフォラ種が劣っているのではなく適切な使い方をすれば決して悪いコーヒーではないのです。
ちなみにカフェインはカネフォラ種の方が倍ぐらい入っています。
受験勉強などで覚醒効果を期待するのであればカネフォラ種のコーヒーを飲むのもいいかもしれませんね。

ゆう珈琲の品種別分類

ちなみに当店販売のコーヒーでは、

ブラジル トミオフクダ・ドライオンツリー・・・アラビカ種ムンドノーボ種

エチオピア モカ・イェルガチェフェ・グレード1・・・アラビカ種エチオピア原種
パナマ エスメラルダ・ゲイシャ・・・アラビカ種ゲイシャ種
などといった具合です。

ちなみにゲイシャ種はエチオピアのゲイシャという地域で見つかったためこの名がつけられています。
日本人はついつい「芸者」を連想してしまいますが、全く関係ありません。