コーヒーフレッシュと牛乳の違い| ゆう珈琲

コーヒーフレッシュと牛乳の違い

コーヒーフレッシュの原料について

私は基本的に使わないのですが、コーヒーを飲んだことのある人であればコーヒーフレッシュを使ったことの無い人はいないのではないでしょうか?

コーヒーを飲む時にミルクの代用的に使われているこのコーヒーフレッシュですが、似て非なるもので牛乳の味わいとは異なります。
いろいろな味のものが販売されており、中には糖分が含まれているコーヒーフレッシュも存在しており、コーヒーに入れると非常にまろやかな味わいになるのです。

また牛乳に比べると長期間保存することが出来る事もコーヒーフレッシュの特徴の一つです。

コーヒーフレッシュの原材料について

ご存知の方も多いと思いますがコーヒーフレッシュにミルクは含まれていません。
原材料としては植物性の油脂の他、乳化剤やPH調整剤を中心に作られているのです。
簡易ミルクのように使われているコーヒーフレッシュですが、実際にはミルクは全く入っていないのですね。

一方で粉ミルクについては牛乳から乳脂肪分を取り除き乾燥させたものですので、こちらは牛乳由来の商品と言えます。

コーヒーフレッシュを使うメリット

コーヒーフレッシュを使うことのメリットの一つが、常温でも長時間保存出来るということではないでしょうか。
牛乳は常温で保管していると短時間で使い物にならなくなります。
しかしコーヒーフレッシュであれば常温で保存していても、比較的長時間保存することが可能です。
またポーションタイプのものであれば1杯ずつの分量で保管されていることも利便性も向上してくれていると言えるでしょう。

健康面での影響は?

少し気になるのが自然にあるものではなく、色々なものを配合されて作られたために健康面で悪影響が無いかということではないでしょうか。
飲んで体に良いものとは言えませんが、極端な量を使わないのであれば大丈夫とは思いますが、心配であれば摂取を控えた方がいいかもしれませんね。

基本的に過剰摂取しなければ問題無いとは思います。