コーヒーが原因で吐き気がする場合の対応| ゆう珈琲

コーヒーが原因で吐き気がする場合の対応

コーヒーと体調の関係

コーヒーを飲んで気持ちが悪くなったという経験をされたことはありませんか?
飲み方や体調によってはコーヒーを飲んで気持ちが悪くなってしまうこともあります。
今回は気持ちが悪くなってしまう原因と、その対処方法について簡単にご紹介させていただこうと思います。

コーヒーを飲んで気持ちが悪くなる原因

大きな要因としてはカフェインの作用が考えられます。
コーヒーに含まれているカフェインの作用により胃酸が分泌され、食後であれば消化を促進する効果を期待することが出来ます。
ただし一方で空腹時にコーヒーを飲むと、胃酸の働きで胃を痛めてしまうおそれがあります。
また過剰摂取することにより交感神経を刺激し、自律神経が乱れることも原因として考えられます。

コーヒー豆の品質に由来

もう一つの原因として考えられるのが、コーヒー豆の品質に由来するものです。
コーヒー豆は新鮮であるほど香味も素晴らしく、味わいも良い美味しいコーヒーを楽しむことが出来ます。

例えば開封後に時間が経過して劣化してしまったコーヒーは、飲んだ時に独特な不快な味わいを感じることがあります。
またコーヒー豆の品種によっては独特な風味のものもありますので、人によってはやはり不快な風味に感じることがあるでしょう。
特にわかりやすいのがカネフォラ種のコーヒー豆ですね。
強めの苦味と香りが非常に個性的なコーヒー豆で、配合と焙煎の仕方次第では「嫌な味」と感じることもあります。

対処方法:空腹時のコーヒーは控える

仕事で忙しい時にコーヒーを飲んでもうひと踏ん張りしたいという気持ちはよくわかりますが、空腹時にコーヒーを飲むことで気持ちが悪くなってしまっては反対に効率が悪くなる原因に繋がりかねません。
軽く食事をされた上でコーヒーを飲んでリフレッシュすることをおすすめします。

カフェインによる影響の場合の対策

カフェインが原因で気持ちが悪くなっている場合には、まずは水分を摂取して身体のカフェインを薄めることを考えましょう。
また交感神経を安定させるためにゆっくり身体を暖めるなど対策してリラックスすることも大切です。

どうしてもカフェインが苦手な方は?

体質的にどうしてもカフェインが苦手な方もおられます。
コーヒー以外の飲み物を飲むというのも一つの方法ですが、コーヒーの味を楽しみながらカフェインは取りたくないという場合にはカフェインレスコーヒーがおすすめです。

カフェインレスコーヒーでは一般的なコーヒーに比べてカフェインが90%以上除去されていますので、カフェインが苦手な方でも安心して飲んでいただけるコーヒーです。

カフェインレスコーヒー コロンビア

カフェインレスコーヒー(コロンビア)