コーヒーを飲んでリフレッシュするひとときを| ゆう珈琲

コーヒーを飲んでリフレッシュするひとときを

コーヒーを飲んでリフレッシュ

同じコーヒーを飲んでいても、飲んでいる時の味が大きく違うように感じることがたまにあります。
健康面で特に変化が無いのにそのように感じる時にはもしかするとストレスが関係しれません。

現代社会につきものの「ストレス」ですが、気持ち的が憂鬱になる以外に健康面で様々な影響を与えます。
ストレスが必ずしも悪いわけではなく、適度なストレスは気持ちに張りを与え意欲を与えることもありますが度を過ぎたストレスというのは色々な形で私達の身体に悪影響を与えてしまいます。

味覚に関してもやはりストレスは関係しているようで、あまりに緊張していると食事が喉を通らないというのは唾液の分泌などと関係しているそうです。

コーヒーの味が違って感じるとき

コーヒーの原料や抽出条件が全く同じであるにも関わらず味を違って感じるということは、自分の体調に何らかの変化が現れているサインかもしれません。

おそらく最も美味しいと感じることが出来るのは、やはりリラックスできている時でしょう。
コーヒーも飲むことでリラックス効果を得ることは出来ますが、せっかくのコーヒーブレイクを楽しむのであれば、忙しい中でも一息ついて、ゆっくりとした気持ちで味わっていただきたいと思います。

疲れている時には糖分をとると良い?

余談ですが、疲れている時にはついつい甘いものを糖分を摂りたくなりますよね。
確かにお菓子など糖分が含まれているものはエネルギーとして吸収されやすいのですが、あまり推奨はされていないそうです。
時間をかけて血糖値を上げる方法が好ましいらしく、ナッツや果物などを食べるのがいいのだそうです。

遅くまで残業をしなければいけない時の間食には、少し意識して食べるといいかもしれません。