コーヒーをおいしく飲むための一杯分の適量は?| ゆう珈琲

コーヒーをおいしく飲むための一杯分の適量は?

ハンドドリップなどペーパーを使ってコーヒーを抽出する際に迷うことがあるのが、コーヒー1杯あたりに対して適切な分量です。
基本的にはコーヒー1杯に対して計量スプーン1杯分を目安としておけば良いのですが、数杯分を一度に抽出するのではなく、1杯分だけを抽出する際には注意が必要です。

ペーパードリップでコーヒーを抽出する際にはコーヒーとお湯が接触している時間が重要です。
粉の量が少なくなればそれだけ短時間でお湯が落ちるために抽出が不十分になるのです。

1杯分のコーヒーをおいしく飲むための分量

コーヒーの味を十分に引き出すために、1杯分だけ抽出する際にはコーヒーの粉を多めに使います。
軽量スプーン1杯半(約15g)を目安にするといいでしょう。
またお湯の注ぎ方にも注意して、出来るだけ短時間で抽出が終わらないように丁寧に抽出することが大切です。

コーヒーの美味しさを安定させるために

ハンドドリップは意外と味を安定させることが難しい抽出方法です。
蒸らし時間はお湯の注ぎ方、コーヒーの粉などの条件を揃えなければ味を一定に保つことは難しいです。
割りと簡単な方法としては計量器の上にコーヒーサーバーを置き、重さを確認しながらコーヒーを抽出すると味が安定しやすくなります。
粉の量も軽量スプーン1杯分が必ず10gというわけでもありませんし、お湯の重量を確認しながら抽出することで、よりコーヒーの味を安定させることに繋がるはずです。

以前にご紹介しました世界チャンピオンの4:6メソッドをチャレンジする際にもぜひ計量器を使用されるといいでしょう。

ドリップバッグとコーヒーの粉について


ついでなのでドリップバッグの粉の量について書かせていただきます。
ドリップバッグの内容量を見ていますと8g~10g程の内容量のものが多いです。
中には12g程コーヒーを使っている商品もあるようですが、ペーパードリップと比較すると全体的に少なめですよね。
なぜその分量で美味しく飲めるコーヒーが抽出出来るのでしょうか?

理由は1点あります。
1つは粉の挽き方が通常のペーパードリップより細かく粉砕されていることが多く、抽出効率を高めているというのがあります。
2つ目がドリップバッグに使う袋に秘密があります。
詳細は企業秘密らしいですが、ペーパードリップと比べると味がしっかりと抽出することが出来るように工夫がなされているのです。

ところで当店でもドリップバッグの商品を順次開発中です。
プチギフトは完成しましたので、お徳用のセットもご案内出来るように頑張っていきます。