ハワイで生産されているコーヒー コナコーヒー

ハワイコナ
ハワイと言えば誰もが知っている人気のリゾート地です。 連休になるとハワイに旅行に行くという人も非常に多いですよね。

私も仕事の関係で海外に行くことがたまにありますが、ハワイに行く機会はありませんね。
一度だけプライベートの旅行で行きましたが、また行ってみたいものです。

 

話がそれてしまいましたがハワイで作られているコーヒーの中でも特に有名なのはハワイ島の西側、コナ地区で生産されている、「ハワイコナ」でしょうね。

 

山沿いに位置するコナ地区は昼夜の寒暖差、火山灰の影響による肥沃な土壌とコーヒー栽培に非常に適した環境といえます。
大粒の綺麗なコーヒー豆で、価格もブルーマウンテンに負けず劣らずの高額商品です。

 

現在ではマウイ島、オアフ島などでもコーヒー栽培が行われていますが、コナ地区のハワイコナが最も品質が良いとされています。

 

なお当店の店長は昔「ハワイの粉コーヒー」だと思っていたそうですが、同じように誤解している人もいるかもしれませんね。コナは地区名ですのでお間違いなく。

 

ちなみにハワイというのは国の名前ではありませんので、コナコーヒーの生産国はアメリカ合衆国ということになります。
これはグアムも同じことが言えますね。

 

 

ハワイコナの特徴

高級品種であるアラビカ種コーヒーは全体的に酸味のあるコーヒー豆が多いですが、ハワイコナはその中でも特に酸味が強いコーヒー豆と言えるでしょう。

 

ハワイ州政府によるコナコーヒーの格付けは世界一厳格ともいわれ、ハワイコナの高い品質維持を支えています。

 

高額商品のためあまり喫茶店などの店頭で見かける機会はないと思います。
百貨店の挽き売りなどに行くと販売されていることが多いですね。

 

ハワイコナは、もともと世界のコーヒー生産総量のうち1%以下という生産量が少ないコーヒーですが、さらに、ブルーマウンテン同様にサビ病被害の影響を受け、輸入量が大きく減少しています。

 

コーヒーも農作物ですので安定して供給するためにはやはり色々な障害がありますね。

 

 

「コーヒー豆から見る世界」シリーズ

https://you-coffee.net/coffeeworld-brazil/

 

https://you-coffee.net/coffeeworld-columbia/

 

https://you-coffee.net/coffeeworld-ethiopia/

 

https://you-coffee.net/coffeeworld-indonesia/

 

https://you-coffee.net/coffeeworld-dominicana/

 

https://you-coffee.net/coffeeworld-panama/

 

https://you-coffee.net/coffeeworld-vietnam/

 

https://you-coffee.net/coffeeworld-jamaica/