コーヒー豆から見る世界 ジャマイカ編

コーヒーコラム

ブルーマウンテンコーヒージャマイカ

スポンサーリンク

ジャマイカについて

コーヒー好きな人であればジャマイカを知らない人はいないでしょう。
それだけ日本国内では非常に人気のあるコーヒー産地です。

 

ジャマイカを知らなくてもブルーマウンテンと聞けばわかるはずです。
日本ではブルーマウンテンの人気は高く、コーヒーの王者などとも呼ばれている商品ですがジャマイカはそのブルーマウンテンを生産している国です。

 

ジャマイカはカリブ海にある国で、付近にはキューバやドミニカ共和国、ハイチといった国があります。
こうして見るとカリブ海付近の生産国は雑味の無いクリアーな味わいのコーヒー生産国ばかりですね。

 

 

実はブルーマウンテンだけではありません

ブルーマウンテンの名前があまりにも有名ですが、ジャマイカ産コーヒー豆はブルーマウンテンだけではありません。

 

まずブルーマウンテンはジャマイカのどの場所でも生産できるというものではありません。

 

ジャマイカによって「ブルーマウンテンエリア」と決められている範囲があり、そのエリア内で生産されたコーヒーだけがブルーマウンテンと呼ぶことが許されるのです。

 
さらにそこからスクリーンサイズ(豆の大きさ)や欠点豆の混入率によってグレードが決定されるわけです。

 

そのエリア外で生産されたコーヒー豆は、ハイマウンテン、ジャマイカプライム、ジャマイカセレクトなどの名称で取引されているのです。

 

 

樽に保存された状態で輸入されてきます

ブルーマウンテン(セレクト除く)とハイマウンテンの生豆は頑丈な樽に入った状態で輸入されてきます。
1樽の中には70Kgの生豆が保存されており、樽込みでの重量はなんと80Kg近くになります。
運ぶのもなかなか大変です。

 

 

中には30Kg程のサイズの小さな樽もあります。
このぐらいであれば何とか運べますので、体に優しいですね。

 

ブルーマウンテンは2年程前のハリケーンによる大被害に加え、さび病被害により生産量が大きく減少してしまっています。

 
少しずつ輸出はされていますが、コーヒーの樹は植えてから収穫出来るようになるまで早くても3年間はかかりますので、安定して輸入されるようになるまではまだ時間がかかりそうですね。

 

 

ゆう珈琲のコーヒー紹介

ブルーマウンテン No.1

[masterslider id=”5″]
商品名
ジャマイカ ブルーマウンテンNo.1
販売価格

2,808円(税抜価格 2,600円)

内容量
100g
焙煎の種類
ミディアムロースト

コーヒー豆について:

数量をお選びください:


 

「コーヒー豆から見る世界」シリーズ

コーヒー豆から見る世界 ブラジル編
オリンピック閉会式を終えたばかりですが、南半球初のオリンピック・パラリンピック開催国になったブラジル。 日本からすると地球の裏側なので時差は12時間。...

 

コーヒー豆から見る世界 コロンビア編
世界第2位のアラビカコーヒー生産国 知名度の割にあまり知られていない国ですが、コロンビアはブラジルの北西、カリブ海付近にあるコーヒー生産国です。 アラビ...

 

コーヒー豆から見る世界 エチオピア編
エチオピアの場所 エチオピアはアフリカ大陸にあるコーヒー生産国の一つです。 アフリカ大陸では他にタンザニア、ケニアといった国がコーヒー生産国とし...

 

コーヒー豆から見る世界 インドネシア編
先日この記事を下書きしていたとき、スマトラ島をマグニチュード6.5という大地震が襲いました。 死者数はついに100人を超え多くの建物が崩壊。今もなお懸命の...

 

コーヒー豆から見る世界 ドミニカ共和国編
ドミニカ共和国について ドミニカ共和国はカリブ海にあるコーヒー生産国です。 ブルーマウンテンとウサイン・ボルト選手で有名なジャマイカの東側、...

 

コーヒー豆から見る世界 パナマ共和国編
パナマ共和国について パナマ共和国はコロンビアの西部、ジャマイカから見て南部にあるカリブ海に隣接している国です。面積は北海道より少し小さいぐらいです。 ...

 

コーヒー豆から見る世界 ベトナム編
世界第2位のコーヒー生産国ベトナム ベトナムはアジア圏にあるコーヒーの生産国の一つです。 コーヒーの生産については比較的歴史の浅い国なのですが、スイスの...

 

タイトルとURLをコピーしました