コーヒーにダイエット効果はあるのか?| ゆう珈琲

コーヒーにダイエット効果はあるのか?

コーヒーのダイエット効果

コーヒーに含まれるカロリーは多い? 少ない?

コーヒーはダイエットに効果があると言われています。

コーヒー豆そのものは意外とカロリーが高く、100gあたりで400Kcalほどのエネルギーが含まれています。
しかし、普段私達が飲む「コーヒー」はドリップされた”コーヒー豆の抽出液”です。
そうなりますと、コーヒー1杯あたりで2Kcal程のエネルギーしかありませんので、コーヒーを飲むことで太るという心配はありません。

コーヒーの脂肪燃焼効果

カロリーの低さだけではなく、コーヒーには脂肪燃焼促進の効果が期待できます。
その鍵を握っているのが「自律神経」です。
体質的に太りやすい人は自律神経の働きが弱っていると言われています。

自律神経は交感神経と副交感神経の2種類あり、その内の交感神経が体重や体脂肪の調整をする機能を持っています。
交換神経には食欲を調整する働きや、脳からの脂肪燃焼をさせる指令を伝達させるという機能もあります。

コーヒーを飲用することでこの自律神経(交感神経)の働きが促進され、脂肪分燃焼を高める効果が得られると考えられています。

注意点としてはコーヒーを飲む際の砂糖やコーヒーフレッシュ、ミルクの量に気を付けることですね。
コーヒーそのもののカロリーは低くても、砂糖やフレッシュをたくさんいれてしまうと結局太る原因に繋がります。

また、コーヒーは胃腸への刺激が強い為、ダイエット目的だからといってあまりに飲み過ぎてしまうと体への負担が大きくなってしまいます。1日に1〜4杯程度までに抑えておきましょう。

コーヒーに含まれるカフェインを摂取することで運動機能が向上する効果も期待できます。
もちろんコーヒーを飲むだけで痩せるというわけではなく、あくまで「痩せやすい状態」になることを理解しましょう。
脂肪を燃焼させるためにはやはり有酸素運動を行うことが効果的で、最低でも20分以上運動することで脂肪を燃焼することが出来ると言われています。
ダイエットをされる際には運動前にコーヒーを一杯飲むようにされてはどうでしょうか?