有機栽培とコーヒーの美味しさの関係| ゆう珈琲

有機栽培とコーヒーの美味しさの関係

コーヒーにはレインフォレストやバードフレンドリー、グッドインサイド、フェアトレードなどの様々な認証コーヒーと呼ばれるものがあります。
その中でも特に知名度が高い認証は有機栽培(オーガニック)のコーヒー豆でしょう。
有機栽培についてはコーヒーに限らず野菜など幅広い食材で販売もされていますので、一般の方の認識も高いのでしょう。
農薬を使用していない土地での栽培が行われている安心・安全の食品が有機栽培です。

有機栽培と美味しさについて

有機栽培のコーヒーは美味しいの?、とたまに聞かれることがあります。
有機栽培というのは先ほど書かせていただいたようにあくまで安心面を重視した生産方法ですので、美味しいかどうかはまた違う話です。
同じ品種で同様の環境下で育っているのであれば基本的には同じような味のコーヒー豆になるはずです。

コーヒーと農薬の関連

日本では残留農薬の基準が世界的に厳しく、食品に関しては安心して食べることが出来ると言えると思います。


エチオピアやイエメンはその影響で過去に輸入量が激減するという自体にもなりましたが、今はそれも解消されて昔のように多くのモカコーヒーが輸入されてきています。
モカの香りや風味は非常に特徴的で、美味しいブレンドコーヒーを作る上でも欠かせないコーヒー豆の一つと言えます。

当店の有機栽培のコーヒー

当店では有機栽培のコーヒー豆を使用した商品としてはペルーティアラを取り扱いしています。
これは有機栽培で生産されているだけではなく、品質的にもこだわられたスペシャルティコーヒーの一つです。


甘みを含んだまろやかな優しい味わいで、ぜひお楽しみいただきたいひと品です。

ペルー・ティアラ