コーヒーの第三の波サードウェーブ、そしてフォースウェーブについて| ゆう珈琲

コーヒーの第三の波サードウェーブ、そしてフォースウェーブについて

コーヒーでは東京に出店されたブルーボトルコーヒーを始めとするサードウォーブという言葉を聞いたことはありますか?
コーヒーのブーム(波)の事を指しており、3つ目の大きな流行ということでサードウェーブと呼ばれています。

では具体的にサードウェーブというのはどのようなものなのでしょうか?
スペシャルティコーヒーがサードウェーブという声も聞きますので、少し整理してみたいと思います。

コーヒー業界のファーストウェーブ

コーヒーの大量生産、大量消費の時代と言われています。
19世紀の後半から1960年ごろまでの時期と言われており工業用の大型焙煎機で大量にコーヒーを生産していました。
この時期はコーヒーの歩留まりを良くするためにコーヒーを浅煎りにするような事も、一部では行われていたようですね。
浅煎りが悪いわけではありませんが極端な浅煎りは渋味などが出やすくなるため、やはり原料に合わせて適度な焙煎が必要です。

コーヒー業界のセカンドウェーブ

アレンジコーヒーなどがメジャーとなった深煎りコーヒー豆の時代ですね。
日本でもスターバックスを始めとするコーヒーチェーンが出店されています。
コーヒー豆は高品質なものを使われていることが多く、アレンジメニューに合わせてコーヒーの焙煎は深めです。

コーヒー業界のサードウェーブ

現在流行となっているコーヒー第3の波です。
ハンドドリップで一杯ずつ丁寧に抽出するスタイルで、コーヒー豆はシングルオリジンなど原料にこだわったものを使用されることが多いです。
必ずしもスペシャルティコーヒーを使用しているわけではありませんが、単品(シングル)のコーヒーをよく見かけます。

しかしこのハンドドリップで抽出するスタイルを見ていると、日本では昔から実施されていた抽出スタイルであると感じます。
実際に元は日本人がハンドドリップで抽出しているのを見て、アメリカでハンドドリップが普及したという話しもあり、ある意味逆輸入的なブームと言えます。

コーヒー業界の第4の波、フォースウェーブは?

そして次の波、第4の波はなにがくるのでしょうか?
新しい抽出技術なのかもしれませんし、より品質にこだわったコーヒー豆を使うものになるのかもしれません。
しかし今回の第3の波サードウェーブも、新しいコーヒーのビジネススタイルをスタートした結果、サードウェーブと呼ばれるようになったわけでありフォースウェーブとなるか否かは時間が経たないとわかりません。
私も常に新しいものに挑戦していき、「フォースウェーブ」を起こせるようになりたいものです。